注文タイプ トレーダーは、成行注文と指値注文の指示を送信する... more" />

FxPro Markets Order Execution

注文タイプ

トレーダーは、成行注文と指値注文の指示を送信することができます。

成行注文

成行注文: これは現在提供されている市場価格で出す売買注文です。 システムが自動的に、サードパーティの流動性プロバイダから受けた数量を集計し、執行時の平均かつ最善の提供価格であるVWAP(出来高加重平均価格で「成行注文」を執行します。

指値注文 (Pending Order)

逆指値注文 (Stop Order): 市場価格が、お客様が設定した逆指値の発注価格 (Stop Price) に到達した時点で、買いもしくは売りの注文が執行される方法です。市場価格が逆指値の発注価格へ到達した時点で逆指値注文の執行がはじまり、マーケットオーダー*として処理されます。市場価格が発注価格に到達しない場合は後日到達するまで、「グッド ティル キャンセル」の項目にあるように、システムに保存されます。逆指値注文価格とその時点の市場価格との差に制限はありません。希望する価格での発注が可能です。

決済逆指値 (Stop Loss): 損失を最低限に抑えるための注文方法です。市場価格が逆指値の決済発注価格 (Stop Loss Price) へ到達した時点で逆指値注文の執行がはじまり、マーケットオーダー*として処理されます。市場価格が発注価格に到達しない場合は後日到達するまでシステムに保存されます。決済逆指値注文価格とその時点の市場価格との差に制限はありません。希望する価格での発注が可能です。

指値注文 (Limit Order): 市場価格が「指値」に達した際に、売買を行なう注文方法です。市場価格が「指値」に達した際に、注文が「指値」または、より良い条件で実行、約定されます。指値注文が一部のみ成立した場合には、未成立部分に対する新たな指値注文が自動的に作成され、最初に指定されている「指値」に市場価格が達した際に約定されます。「指値注文が実行されなかった場合には、「Good till Cancel(取り消しまで有効)」」セクションに記載されている条件に従い、後日まで注文がシステム上に残されます。「指値注文」は、現在の市場価格に出来るだけ近い価格で設定することが可能で、制限はありません。

決済指値 (Take Profit): 利益を確保するための注文方法です。市場価格が逆指値の決済発注価格 (Take Profit Price) へ到達した時点で指値注文の執行がはじまり、リミットオーダーとして処理されます。市場価格が発注価格に到達しない場合は後日到達するまでシステムに保存されます。決済指値注文価格とその時点の市場価格との差に制限はありません。希望する価格での発注が可能です。

グッド・ティル・キャンセル(‘GTC’)(=注文期限): お客様が指値注文 (Pending Order) に付加する期限設定です。指値/逆指値注文の有効状態を未来のどの時点まで維持するかを指定します。指値/逆指値注文がこの設定期限満了まで執行されない場合は、注文は自動的にシステムから消去されます。

未決注文の変更/取り消し: お客様が指定した価格の水準に市場が到達せず、なお注文が取り消されなかった場合には、お客様の手によって注文の変更を行なうことが可能です。以下が生じた場合には、注文は取り消されます:

  • ご注文依頼のあった価格が、市場価格から50,000 PIP以上離れている場合 あるいは
  • お客様が指定された価格の水準に市場が到達する前に、お客様によって手動で注文が取り消された場合 あるいは
  • お客様が有効期限を設定され、そこに到達した場合 あるいは
  • 注文約定の試みが、200回失敗した後

スリッページ: 注文が執行される段階において、お客様がリクエストされた発注価格が市場において無効な場合、注文が発注価格よりも数Pip離れた価格で約定されることがあります。お客様の発注価格よりも有利な価格で約定した場合は「ポジティブ・スリッページ」、反対に、発注価格よりも不利な価格で約定した場合には「ネガティブ・スリッページ」となります。スリッページは市場においてふつうに観察され、経済動向に関する発表などの影響や市場のオープン時など流動性が低いまたは、ボラティリティの高いFX市場ではレギュラーな現象です。FxProの自動執行ソフトウェアでは個々のお客様口座での執行に関連する個人的なパラメーターに基づいたオペレーションは一切行われません。

価格差: 注文は間もなく実行される時、取引先に確認された価格はないかもしれません。そのため、注文は取引先に確認された価格に近い価格で実行されます。この価格は取引先の価格と数個pipだけ の偏差があります。実行価格は取引先の価格より高い場合、「有利価格差」といいます。その反対に、実行価格は取引先の価格より低い場合、「不利価格差」と言います。ご注意:「価格差」という用語は1種のよくある市場操作で、一定条件下の為替市場の正常特性です。例えば突発事件、ブローカー変動、市場開放時のよくある非流動と波動。FxPro は自動にソフトを実行するので、いかなる特定取引先のアカウントを通して個人設定のパラメーターを操作することは行いません。

* 下記のリストは弊社のサービスを完全に網羅したものではありません。

Comments are closed.